簡単フェイスマッサージで肌細胞からアンチエイジング

簡単フェイスマッサージで肌細胞からアンチエイジング

20代からがんこな乾燥肌に悩まされてきましたが、さらに30歳になったころから顔のたるみやくすみも気になるようになりました。そのころたまたま見た雑誌に載っていた美容特集で見つけたのが3分ほどのフェイスマッサージでした。早速ためしてみたところ1週間ほどで効果を実感しました。ただ、3分ほどかかるので忙しい朝にはゆっくりできず、夜のお風呂タイムにだけやっていました。

 

朝のメイク前にもできるものはないかと、自分なりな改良を加えて30秒ほどでできるものを考えだしました。それを10年以上続けています!そのおかげか、40代半ばになった今ではママ友に「いつも肌がきれいね!」「もっと若いと思ってた!」と言われるようになりました。やり方はとても簡単で全3ステップです。化粧水と乳液をつけてお肌が少しぬるっとした状態の時にできるだけ優しい力加減でやります。まずは指の腹を使って目の周りを優しくくるくると回しながらマッサージします。

 

目頭から目の上を通って目尻へ、目の下を通って目頭に戻りを3回くらい続けます。目の周りの皮膚はとても薄いので本当に優しくやります。目の周りの皮膚にしわが寄らない程度が力加減の目安です。次にこめかみから耳タブの下の付け根まで指の腹で撫でおろしていきます。耳の下まできたらまたこめかみからスタートといった感じで3回くらい繰り返します。最後は耳たぶの下から首を通り鎖骨の内側まで斜め下の方向で、指の腹で撫でおろしていきます。耳の下から鎖骨までの片道を3回くらい繰り返します。これで終了です。

 

顔にたまった古い血や余分な水分、老廃物などが鎖骨の内側を通り心臓にもどるのを助けてあげることで、また心臓から新しい血液や栄養分が顔と頭に流れてきます。すると目の周りや顔も頭もスッキリした感じになり、血行がよくなりむくみやくすみ、たるみが解消されるのです。肌細胞も活性化するのでどんどん新しい肌が生まれて、肌のアンチエイジグにもなります。5年前程から60代の母もやっていますが、1年ごとに会うたびに、しわやシミが減り肌に透明感が出てきて、顔も気持ちも若返ってきているみたいです。